お風呂に浄水器を設置するメリット

家庭用浄水器というと、キッチンに設置して飲料水や炊飯、料理に使うというイメージが定着しています。

直接体の中に入るものですから、まずは気を配る必要性を感じるのは当然のことです。しかし、水は単に飲んだり料理に使用したりするだけではありません。日々の生活を思い浮かべればすぐにわかることですが、シャワーを浴びたり入浴したりとボディケアに使うシーンが多いことに気付くはずです。日本では蛇口から出た水を普通に飲んでいますが、海外に行く際はそれはなるべく避けるように言われます。

日本の水道水は諸外国に比べて安全性が高いと言えます。しかし、日本の水道水にもカルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラル分のほかに消毒のための残留塩素が含まれているのです。髪や肌が傷む原因には紫外線や乾燥などいろいろありますが、シャワーや風呂の水に含まれる残留塩素も原因の一つなのです。髪や肌はケラチンというたんぱく質によって構成されているのですが、水道水に含まれる塩素にはタンパク質を酸化させる働きがあり、繰り返し使い続けるとダメージを与えてしまう危険性があります。

風呂に浄水器を設置すれば、こうした危険性を除去することができます。シャワー1回、入浴1回あたりのダメージは微々たるものですが、毎日使っていればそのダメージが蓄積し、肌荒れ、髪のパサつきなどトラブルの原因になるのです。風呂に設置した浄水器からはトラブルのもととなる塩素などが取り除かれていますから、塩素特有の匂いや塩素による髪や肌へのダメージを気にせず、快適にシャワー、入浴を楽しむことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *