浄水器を風呂に設置する

多くの家庭では飲料水や調理の際に水道水を用いますが、そのまま使用するのではなくキッチンに浄水器を設置して、これを通した水を使います。

水道水はキッチン以外にお風呂場でも使用されており、例えば浴槽に身体を浸けたり、体や髪を洗う際にも多くの量が用いられています。水道水には消毒用に残留塩素が入っていまして、これが敏感肌の方において肌荒れにつながったり、或いは髪の毛のダメージなどを発生させる可能性が有ります。そこでお風呂にも浄水器を設置しますと、残留塩素を取り除いてニオイを防いだり、やさしいお湯にして肌や髪へのダメージを防いでゆく事が出来ます。

お風呂用の浄水器はシャワーヘッドタイプと据え置きタイプに分けられまして、利用目的に応じて選定する事が大切です。シャワーヘッドタイプはシャワーから出るお湯のみを浄水する物で、既存のシャワーヘッドを取外して付け替えるのみで取付けを行えます。そして原水と浄水の切り替えをワンタッチで行えますので、浴槽を掃除する時などには原水に切り替える事が可能です。

据え置きタイプの浄水器は大容量の浄水能力を持っていますので、シャワーのみでなく浴槽にも給湯する事が可能です。そして浄水カートリッジは高性能タイプが用いられていますので、長い期間にわたって使用する事が出来ます。また据え置きタイプは縦置きや横置きが可能となっていますので、浴室の大きさや形状にあわせて自由自在に置き方を選ぶ事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *