浄水器の選び方を探る

浄水器を購入する目的は、水道水を綺麗にして安全でおいしい水を手に入れられるようにする事です。

つまり、選び方としてはまず『浄水性能』が高いか否かがあります。水道水に含まれている不純物には国が定めている13項目があり、その中で何種類排除する事が出来るのかが浄水性能になります。安い浄水器の場合は、カビや塩素くらいしか排除する事が出来ませんので、これらを選ばない方が良いでしょう。カビや塩素はおいしさや臭いだけなので、身体に悪影響が出てしまう不純物は排除出来ません。

おいしくて安全な水道水を手に入れる為には、選び方をきちんと考えておく事が重要です。13項目の不純物を全てとは言わずとも8割は排除出来る浄水器を選びましょう。ちなみに、この性能は商品のカタログやホームページに載っていますので、そこで調べましょう。どこを調べても載っていない場合は、その商品の購入を見送った方が無難です。また、浄水器を購入する際の選び方ですが、浄水性能の部分を見るだけではありません。

設置方式が重要なので、そこも見ておきましょう。浄水器には設置タイプがいくつかあり、蛇口に直接繋げるだけのタイプ、本体をシンクの上に置いて使うタイプ、配水管に繋げて使うタイプなどがあります。この中でも特に安定して使えるのは、本体をシンクの上に置いて使うタイプと、配水管に繋げて使うタイプです。どちらも使いやすいですし、カートリッジの寿命も長くて安定しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *