浄水器の種類と、生活にあった選び方

浄水器にはご存知の通り、様々な種類があります。

あまりの多さに選び方に困ってしまうほど。出来る限り、自分や家族の生活にぴったり合うものを選びたいものです。浄水器の種類は大きく分けて4つ。『蛇口直結型』はコンパクトな上大掛かりな工事不要で、取り付けが簡単です。『据え置き型』は初期費用こそ高額なものが多いものの、長期使用が可能なのでコストパフォーマンスが良く、性能も高いのが特徴。『ポット型』は浄水器の中では最も扱いが簡単といえます。気楽に使えて、デザインも豊富なので選ぶのも楽しいのではないでしょうか。

アンダーシンク型とも言われる『ビルトイン型』はシンク下に設置するので、キッチンで邪魔になりません。水栓のデザインを変更できるので、便利でお洒落なキッチンにすることも可能です。具体的な選び方のポイントとしてはまず、取り付ける場所や価格についてです。場所を取らないほうが良いなら、『蛇口直結型』か『ビルトイン型』がおすすめです。ただ、性能も価格も全く違いますから、もし性能優先ならビルトイン型、価格優先なら蛇口直結型となります。また、浄水能力とフィルターの種類にこだわるのも、選び方の一つです。

最も多くの浄水器で使われているフィルターは、「活性炭」を使用したものです。比較的安価ですが、短期間での交換が必要になってきます。その他のフィルターは、浄水性能が高いがミネラルは残すことができる「ろ過膜式」、有害物質を除去する能力に最も優れている「逆浸透膜式」があります。「逆浸透膜式」は能力は高いのですが、ミネラルまでも除去してしまうという欠点もあります。近年では「ろ過膜式」が増えてきています。浄水器の種類と選び方が解ったら、水質やランニングコストに関しても忘れずにチェック。それら各条件の中から、ライフスタイルに最もあったものを選べれば良いのではないのでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *